七夕

今年の七夕の夜はライブに行ってきました。
ライブ前に年下の友達と待ち合わせをして、
もう、いろいろな話を聞く。う〜ん。
そこで、私の思うところがその友達のおかあさんと同じ
ということにハッとする。
出会いなんて星の数ほど必要なわけじゃない。
結果的にはたったひとりでいいんだから。
その人と出会うまでは今の自分を楽しむのがいいよ、と。

ライブは楽しかったです。
2階席で自由な空間だったので
誰の目も気にしないで過すことができた。
手をあげてノリノリって普段したことないんだけど、
そんな環境だったので上げてみた。
でも、タイミングがわからなくて上げた手を
そっと下ろして頭をポリポリしたりして。

誰からも見えないのをいいことに?
後ろにいたカップルが抱き合ったりしていて
そのうちどこかに消えてしまった。
テーブルをガタガタするので友達は激怒して
いたけど、どうでもいいじゃんってなだめる。
自分たちはいつもどおりに楽しんで、
終わったらゴミを拾ってサクッと家に帰れば
いいんだもの。
何かあってもたんたんと存在していればいいと
思うようになってから、わたしはラクになりました。
自分を大きく見せる必要なんて全くないし。
それでも気になったら笑いのネタにして
いればいいと思う。どうでもいいことは
そのうち飽きるから。

あとはプライオリティーをつけるということ。
本当に大切なことをおろそかにしないように。






[PR]
# by Licorice923 | 2017-07-08 23:29 | la note

理系

啓発本の類いは読まないです。
人の意見にまんまと乗ってしまうほど
やわなハートではないから。
でも、理系の先生のお話はいつも興味深い。
お人柄もチャーミングな方が多いし、
すごい人ほどお茶目でかわいい。ただ、
理系といってもばけがくは私は無理だなあと思う。
実験がダメなんです。うっかりが許されないし。
なのできっと理論物理学とか選択すると思います。
実験を横目で見ながら頭の中でもんもんと考えるような。

最近は佐治晴夫先生のエッセイがおもしろくて、
人は3世代でほとんど記憶が途切れるように設計されているという。
それは個体としてよりも種としての存続が優先されるから。
確かにおじいちゃんおばあちゃん以前の記憶は写真だけ。

そんなふうに、宇宙を観るように人生を考えたら、
自分が今やるべきことがわかってくる。
だってだってあまりにもあっというまの人生で、結果的に
誰の心にも残らないし忘れられてしまう存在。
ならば今、無理したり自分を偽ったりするのって
もったいないかもしれない...と 思いましたのも、
今日、渋谷のスクランブル交差点を上から見下ろして、
こんなに人がいて同じ時代に生きているのに
歩いている誰のことも自分は知らない。別の惑星を見ているよう。
つまりそんな世界の中で、出会うということは実は奇跡?
その確率は・・・わからないけど、すごいことなんだー。



まずはここから。
枷(かせ)があるのも悪いことばかりではないと
思います。ときどき。






[PR]
# by Licorice923 | 2017-07-07 00:22 | die Philosophie

文月

7月になりました。
よし、今年の後半、充実させるぞー!なんて
月初めはいつも思うのですがときに息切れしがち。がんばろ。

昨日はバレエのレッスンに行って、
途中、先頭で左右を間違えて、つまり進行方向に対して逆走。
そのため、何羽かの白鳥を路頭に迷わしてしまう。。
自分が間違っているって気が付く余裕がなかったんですね。
落ち込んでしまいましたが、そんなことでバレエは絶対
やめないです。ずーっと続ける。約束したから。

それでもさみしいときはコレ!



e0361899_21025180.png


マンゴーミルクかき氷。

かき氷はお腹が痛くなる・・・って
割りと最近まで思っていたのですが、
全然平気みたいで。丈夫でした、お腹。


それでも家に帰ってからもなんとなくうつむきがちで、
そんなときは挑戦してみる!
スーパー銭湯に行ってきました。

何年ぶりだろう。
温泉にも全然行ってないし。
でも、ほんとによかった。露天風呂が最高に気持ちよかった。
空と緑と鳥の声。
実は銭湯に向いているのかも、ワタシ。
ボデーが威圧的でないから。なんか目を引かない。
昨日は日曜日の夕方ということで
それほど混んでいなくて、小さい女の子を連れた
おかあさんが多かった。
おかあさんって、若くてもやっぱりおかあさんなんですよね。
体から母性が溢れているというか。重みがある。
薄っぺらな自分とは全然違う。
年配の方もいい感じなんですよ。なんというか、人生が
しっかり刻み込まれていてカッコイイというか。
身内で行くお風呂っていいなあって思いました。
前にうちのおばあちゃんが足を骨折したときに
一緒に大きいお風呂に行って体を洗ってあげたことを
思い出しました。懐かしいな。

そしてお風呂上がりには腰に手を当てて
コーヒー牛乳をぐびぐび飲み干す。
これもめっちゃ気持ちいい。
休憩所でNHKニュースの藤井四段を
知らないおじさんと真剣に見入るのも、まあ、楽しい。


落ち込んだときは、外に出て、笑って、誰かと話す。
最近はメッセージやLINEで会話して笑ったりして
いるのですが、西の友達がやっぱりおもしろくて、

「フランシスコ(仮名)のこと、男の人として
どう思う?」

「男の人?として考えたことない」

「なんでー、恋愛対象にならんの?」

「ならん」

「なんでー、なんでー」

「セクシーさを感じないから」

「えーっ、フランシスコ、かわいそうやん(泣)」

って、それこそなんで??

おもしろいです。






[PR]
# by Licorice923 | 2017-07-03 21:31 | la note

ブランケット・キャッツ

ブランケット・キャッツ鑑賞。
冒頭の猫たちと西島氏の絡みが、きっと萌えポイントなの
だろうけど、もえることなくひたすら見入る。なぜなら
このお部屋がとってもとっても好みなんです。
今、住んでいる自分の部屋と総取っ替えしたいよ。
木製のブラインド、いいなー。
引っ越し熱、再燃!!

先週、たまたま偶然にこのドラマを観て、
そういうことってあるんだなあってほんとに驚いた。それから
忘れないように録画予約して、7話分の容量を計算してせっせと消去。
こんなに動くってことは、かなり楽しみにしているんだわね。
西島氏演じる家具職人さんのたんたんとお仕事に
取り組むところとか、ひょうひょうとした人付き合いとか、
もうなんか、人と争ってまで、自分を大きく見せてまで
手に入れたいものなんて何もない、って言い切れる潔さに
ひかれているんだと思います。
そして全てを、ただ受け入れてくれる猫たちに。


割と最近まで、
来世ではこうありたいとか想像することもあったのですが、
今、ほぼ、それがなくなりました。もう、自分の残りの人生を
全うすればいいやって。人をうらやむ気持ちがなくなったのかな。
ただ、論文を1本書くのと、引っ越しだけは実現させる。
自分ひとりでできることにあれこれ言い訳をするのは違うから。
あと20年若かったらやりたいことはあるけど、もう叶わないことを
いろいろ考えても仕方ないし、それで暗くなっているより、
ドラマに出てきた大森の喫茶ルアンに行ってみるとか、思考の
方向を変える。そんな日々です。



西の友達の恋愛相談も続いていまして、
読みが本当に鋭い!って言われてます。むふ。
「私は一目惚れやったからなぁー」ってまあ、なんてかわいらしい
ことを言うんだろ。照れ屋さんなんだなあ。
恋は一目惚れですよ。相手の背景も何も知らずに一瞬で
好きになるってすごいことだと思う。そして愛の場合は、
約束しなくてもその人を信頼できることだと思います。






[PR]
# by Licorice923 | 2017-06-30 23:59 | ma belle

将棋

まさか、こんな日が来るなんて・・・

朝からトップニュースが昨日の対局。
ひとえに藤井四段の活躍のおかげなのだけど。
ほんとにもう、なんて素晴らしくて嬉しいことだろう。

去年の秋くらいから「そろそろ将棋だな...」と再び重い尻を上げて
教本とスタディー将棋(現在6000円くらいになっているけど
たしか2000円ちょっとだった)を買って、
ちょうど映画の「聖の青春」もやってたし、学校で
勉強していくことも決まって、ヒマだったんですね、
ぽっかりと。タイミングもよかったのだと思う。
それからはアニメの「3月のライオン」を観たり、
レディース将棋教室に行ったり、将棋会館にも行きました。
隣りの鳩森神社はお気に入りの場所になったし。

チェスはやったことがあったのですが、将棋のことは
1ミリも知らなかったんです。
きっかけとなったのはアメトーークの「将棋大好き芸人」と




基本はそれぞれの駒の動かし方がわかっていればOK。
とにかく王様を追い詰める。
一歩一歩しか進めない歩(ふ)も敵陣に入れば
金となって王様を脅かす存在になる。
その辺りは日本人ならではの感覚だと思う。

藤井四段の青いリュックがカリマーだとかはまあ
いいとしても、対局料がどうのこうのとかキナ臭いこと
ほんとやめてね。そこに群がる大人たち、みっともない。

ほんとにいいこじゃないですか。あの声と話し方。
佇まい。垣間見える気の強さ。

将棋はいい趣味だと思います。
私は自分の中でのいちばんがバレエなので、
将棋は気負いなく楽しめていい。嗜む感じ。
実は「観る将棋」が好きなんです。
人がどう考えているのか、ハッとさせられる
瞬間に参ってしまう。
思いがけない答えが返ってきたりすると
びっくりしてホレ直すみたいな。

でもたぶん、将棋はこれからもへっぽこ。






[PR]
# by Licorice923 | 2017-06-27 23:09 | le shogi

こりすノート
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31