March comes in like a lion

3月はライオンのようにやってきて、子羊のように去る。
イギリスの天気に関することわざなのだそう。
3月は確かに何かが変わろうとする季節なのだと思います。


土曜日にバレエ友から連絡があって
テレビにくまてつが出ていて何かしゃべっていると。
出かけるしたくをしていたので観るというよりところどころ
聞いていたのですが、

踊りのピークは20代だった。
ただ、40代の今、40代の踊りをしようとは思わない。
今も20代の頃の踊りをしようと思っている・・・

これは目からうろこのような言葉だった。
自分がやりたいことを年齢に合わせて加減することは
ないんだなあと思った。
問題は今、自分が何をしたいかということなんだと。


先週はライブが2本。
どちらもほんとに楽しかった。
初めて関西のライブ友達ができて、来るときに道に迷ったというので
帰りは大丈夫、駅まで連れていくから!と おしゃべりに夢中で
あっ、ここ違うって引き返したりしたのに、これもいい思い出に
なったとニコニコ大人の対応をしてくれたカッコイイ人。

もういっこのライブはライブ友達と待ち合わせて
開場時間までいろいろ語り合って、友達はCDにサインを
してもらいたいなあとペンを持ってきたのだけど、
控えめなふたりなので、囲まれていたり誰かに独占されて
いたら、もう、そうーっと帰ろう...と 打ち合わせをする。
常に雑木林を心掛けているんです。雑木林1号、2号。
でも、この日はタイミングよくサインをしていただいたり、
握手までしてもらえて、もう、ふわふわと階段を降りて
そのままお茶へ。手を洗うのもったいないね、と 言いながら
クロワッサンを食べるのにお手ふきでふきふきしてしまい、
そして笑い合う。楽しかったなあー。どちらのライブも
その場にいる人がみんな幸せそうな顔になっていて、
それを見ているとほんとにうれしくなります。
すごいなあ、みんなが一斉に笑顔になるの。


*今日のじゅん散歩

俺はね、英語はペラペラだけど
意味がわかんないんだよ

俺もね、レコード10枚くらい出して
いるんだけど、レコード屋さんに行くと
ゲテモノってコーナーに入っているんだよ

高円寺のヨーロピアンパパにて。



*今日のまりちゃん


e0361899_16500148.png


渾身のねこストレッチング。






[PR]
# by Licorice923 | 2017-03-27 15:11 | la note

言語ゲーム

アリアドネの弾丸が終わってしまいました。
始まったと思ったらあっという間に。
バチスタシリーズの中ではいちばんおもしろかったなあ。

先日、初めて哲学のことについて質問をされたんです。
「どういった哲学を専攻されるんですか?」と。
7月までには時代やテーマを決めて論文の申請をしないと
いけないのですが、現段階ではなんとなくまだぼんやりしていて。
でも、聞かれたときに思わず口から出たのは

「分析哲学です」。

自分でもびっくりした。
そうか、わたし、分析哲学に興味があったのか。

それから家に帰ってウィトゲンシュタインについて調べたり、
「言語ゲーム」という言葉に興味を持ったり。

意外と人って、不意打ちで質問されたときに
思わず発した言葉が本当の自分の気持ちかもしれない、と思いました。

例えば「好きな人は誰ですか?」と 尋ねられたとき、
まず、思い浮かんだ人がそうなんじゃないかと。
それを打ち消すのも野暮だと思うし。


私は哲学の論文を書くことと、70歳までバレエを続けるという
人生最後にして最大の目標があって、そのためにはやることは決まってます。
本に関してはしばらくは専門書を中心に読みたいのでベストセラーは
読めないかな。バレエを続けるためにはウェイトコントロールを
しないといけないので好きなものは食べられない。

ただ、自分が好きでやっていることなので。
シングルタスク脳だし、食にそれほど興味がないし。
相手があって成り立つことではないので。自分の裁量でなんとでもなることだから。

ブレないねー、と 言われることもあるのですが、
いろんなことをあきらめたりやめたりしてたどり着いた境地なので
他に行きようがないというか。それにブレないのが絶対いいとも思わない。
ブレてブレて一本の道にたどり着いた人もいるし、みんながみんな
同じ方向を向いていると、隙き間を狙うわたしなどは困ってしまいます。

あとは友達と連れ立って遊んだり出かけたり、家では猫とゴロゴロしたり。
胸に野望を秘めつつも、表面上は穏やかに過していければいいなあー と思います。




e0361899_00544258.png



今朝の隙き間時間の読書。







[PR]
# by Licorice923 | 2017-03-25 00:59 | die Philosophie

土曜日はオーチャードホールへバレエ観覧へ。
ロイヤルバレエのピーターラビットと仲間たち。
何度も何度もDVDで繰り返していて、それを実際に
自分の目で観ることができてほんとにうれしかった。





そしてくまてつは、我らがくまてつは、まぎれもなく
くまてつ1000%でした。ブレてない。
動いて踊って挨拶をしている、全く隙のないお姿でした。

わたくしもNikon MONARCH(=バードウォッチング用)を
膝の上に置いて、ちょっと恥ずかしかったけど出動させて
しまいました。。

しあわせの帰り道のはずが、張り切って履いていった
新しい靴が合わなくて、足を地に付けるたびに激痛が。瀕死の俺様。
鬼の形相で渋谷の街を地下鉄の入り口まで歩いて電車に乗り込む。
もう、立っているのがやっと。できるだけ意識をそらそうとしてました。
ようやく最寄り駅に到着して気持ち的には匍匐前進しながらタクシー乗り場へ。
家にたどり着いてそのまま倒れていたら寝込んでしまい、まりちゃんに
起こされて目が覚めたら午前3時。それからお風呂に入ってぼーっとしていたら
なんだか急にむなしい気持ちに。ため息は付かないようにしていたんだけどなあ。

あっ、でもひとりで観に行ってよかった。誰かに心配されたら
申し訳ないから。せっかく楽しかったんだもの。






ピグリン。
そう、こんな気分でした。



今日は旧友Tちゃんの1日早いお誕生日会で
菜の花とアンチョビとしらすのスパゲティと
トマトのピザ、それからコーヒーとケーキで
6時間ほどおしゃべり。
毎年、お互い元気で祝い合えるというありがたさよ。

Tちゃんは100歳まで生きるだろうから
私とまりちゃんの骨が宇宙へ飛んでいく様子を
インターネット配信で確認するように。そして、
できれば手を合わせて見送ってほしい、と お願いをした。
するとTちゃんは
「私は誰が看取ってくれるのよ?」と 聞くので
「若い男=Tちゃんが100歳なので83歳の男をつかまえて
世話してもらえばいいじゃん」
Tちゃんは17歳年下の男の子が好きなので。そしたら
「そうか、それもいいねー!」と喜んでる。
100歳と83歳なんて同じ人間と人間でしかないから。
もう誰も何も言わないから安心して。






[PR]
# by Licorice923 | 2017-03-19 23:53 | le ballet

迷宮

家に帰って録画しておいた“チームバチスタ”を観る日々。
アリアドネは観たことなかった。西島氏の出ていたのは観た記憶が
あるんだけど・・・。今回のは自分のなかではいちばんおもしろいです。
怖いけどこの怖さは大丈夫。ひとりでちゃんと両目で観ることができる。


今日のバレエはめちゃめちゃ楽しかった。
久しぶりに会えたおふたりは、お仕事のシフトの関係でなかなか
レッスンに来れないと聞いていたので、会えてすごくうれしかった。
もう、更衣室は女子校のノリなんですねー。ぽんぽん着替えて
ぱーっとしゃべって、途中、電話がかかってきたTさんが
「あっ、もしもしー」ってパンツ一丁でドアに突進していく姿が
可笑しくて懐かしくて。見た目はオバハンと言われてもその中味は

1.ほんとにオバハン 2.ほんとは乙女 3.実はおじさん 

の 3つに分類することができると思ってます。
私はバレエをしていなかったらおそらくおじさんだったかもしれないなあ。



今日は髪を切りに美容院へ。
今回はちょっと短めにお願いをする。
とても高い技術を持っている美容師さんだと思っているのですが
気を使います。もし万が一金田一、私が男女ともにとても苦手と
しているマッシュルームカットにでもされたら、想像するだけでも
倒れそうなので。でも、これだけ気を使うのって基本的に相性が
よくないんだろうなあと思います。別にツーカーが相性がいいので
はなくて、なんというか、気楽にハ行で会話ができるような相手?
私はどこか弱っているような人もいいなあって思います。いつも
人に気を使っている人がときどき焦点が合わないような目でぼーっと
しているのを見たら、膝くらい貸してあげてもいいなあって思う。





e0361899_23052055.png


チャオ缶オホーツクが好きで他のごはんに目もくれないこのヒトは、
倒れたフリで気を引こうとしています。
ちなみに去年より300g太ってます(魅惑のボデーライン=お腹に注目!)




e0361899_23071406.jpeg



そうにゃんは今週、お誕生日なのかな?






[PR]
# by Licorice923 | 2017-03-17 23:14 | la note

いかなご

このご時世に文通しています。
12年目になるのかな。ひょんなことで知り合った神戸の子。
途切れそうになりながらも春先には必ず手紙が届きます。
ちょうどいかなごの季節なんだって。それも教えてもらった。

彼女は大きな病気をしてそれを乗り越えて、無理はできないけど
一人暮らししたり、家族の面倒をみたり。わんちゃんたちは元気かな?

いつか会える日がくると思ってます。お互い若いうちに会いたかったけど、
円熟味を増した?今だからこそいいのかもしれないって、そんな気もする。


今日はバレエでした。
このところ体が冷えて固まってすごくよくなかった。精神状態も。
バレエで温まってほんとに息を吹き返した感じです。
今日は先生と友達とちょっと話しこんだのですが、先生の選ぶピアノ曲に
「感動して涙が出そうになってしまうんです」と 言ってしまうと
みんなの頭上に大きなクエスチョンマークが???えっ、私だけだったんですね。
でもほんとにピアノのメロディーに泣きそうになるんです、最後のアダージオ。
先生はほんとにきれいでかわいらしくて、次のパはどうしようかなあ...って
頬に手を当てて考えているところなんか、うおおおおおーーーーって
叫びたくなるくらい。白いTシャツとジーンズ姿で。吉田栄作みたいに。
(また、みんな引いて行くでせう。沖合いまで引くでせう。。)




e0361899_21332317.png


変なクセなのか、いつも時間より20分くらい早く着いてしまう。
でもそのおかげで今日は15分間、至福の時間を過せました。
コーヒー豆を扱っている小さなお店で丁寧にコーヒーをいれて
いただいて飲むことができるんです。自分のためにこんなに美味しい
コーヒーをいれてもらえるなんて。そこで詰め将棋の本を読んだり
していると、みるみる元気になっていくのがわかるんです。
あー、これで大丈夫だって。



*将棋の友達もau仲間だったのでメッセージを送ってみると
「今、猫カフェでお膝に猫が2匹乗ってます。至福の時間です」とお返事が。
よかった。それぞれの幸せを堪能してるのがうれしくて。







[PR]
# by Licorice923 | 2017-03-15 21:50 | ma belle

こりすノート
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30