<   2017年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

風の名前

4月になってなんだか時間があっという間に過ぎていく・・・と
思っていたのですが、そうか、バレエのレッスンを増やして書道を
再開したからなのかー。新しいことを始めたわけではないのですが、
なかなかPCまでたどり着けずにおりました。

書道の方はこれからやっていくことを先生と相談して、



e0361899_20413426.jpeg


このような五體=篆・隷・草・行・楷書 の臨書です。
合わせて漢字かな交じりの書(=調和体)も。
調和体はお手本がないので、自分の感性で作り上げます。
日頃、どれだけ文字に敏感になるかが大切なんですけどね。
もう、長い目でやっていこう。

じゅん散歩は毎日録画してます。じゅんちゃん、ブラボー!




バレエはフィンランド国立バレエを観に行ってきました。



e0361899_20454885.png


ムーミンバレエはもちろん、北欧ガラでシェヘラザードが観られたのは
大感激でした。心が洗われて涙がぽろぽろ。




e0361899_20472992.png


ロビーにあったムーミンガチャではスナフキンが出ました。


あと10年若かったら、もっともっとバレエをやりたかったって
ついつい思ってしまう。実はやっていたんだけど、今の頭のままで
やりたかった。
思うんですけど、結婚とか出産とか、相手がいて成立することは
できなくても仕方ないというか、自分のせいじゃない。
そこを責めるのは違う。でも、やりたかったことに挑戦しないまま
人生を終わってしまったら、最後にすごく後悔というか悲しく
なるような気がするんです。最近。


今は目の前にあるやるべきことをたんたんとこなしていこう。




e0361899_20541000.png


ネコメンタリー
「養老センセイとまる」よかったな。
どっちみち大して変わんねえんだから。




e0361899_20554976.png


私は啓発本の類いは読まないんです。
なんか自分で考えた結論でないと気持ちの収まりが悪いというか。
素直ではないんだと思います。とりあえず疑うし。
今、哲学の勉強をしているのですが、科学的な哲学がいいなあとか
漠然と思ってます。論理学的思考。

でも、考えすぎるとお肌にもよくないので、
「風の名前」を開いて心をゆるめます。



あっという間に大型連休、ということで、
今年のGWはバレエのレッスンを入れました。
決まっている予定としてはポールの東京ドームと
6日にライブ友と楽しみにしているライブへ。
予定しているのは3月のライオン 後編と名探偵コナンの映画鑑賞。
できれば盆栽フェスティバルに行きたい。そして、テーブルの上で
ごはんが食べられるように片付けをしたい。




e0361899_21030849.png


フランス映画の女優みたいなヒト。









[PR]
by Licorice923 | 2017-04-27 21:09 | la note

鳩森神社

千駄ヶ谷の将棋会館に初めて訪れたのは先月の中頃。



e0361899_10012736.png



ここでどれだけのドラマがあったのかなあと。

将棋会館の隣りには鳩森神社があります。
先々週、バレエの帰りに将棋会館までの道を確認したくて
もう一度行ってみました。
(最初はまぐれでたどり着いた感じだったから)。




e0361899_16490146.png


神社の素晴らしさは風通しのよいところ。
誰でも受け入れてくれる。





e0361899_10013205.png


御朱印をいただきました。
鳩のマークがかわいい。

こちらの神社には有名な富士塚があります。
そこに登ると、富士山に登頂したのと同じご利益が
あるといわれているそうです。

登りましたとも!



e0361899_16521127.jpg



富士塚山頂からの景色。


これから将棋会館には月に1度は通おうと思っているので、
そのたびに、こちらの鳩森神社にお参りします。
ここまで無事に生きてこられたことへの感謝の気持ちと、
これからなりたい自分になれるように頑張ります、と
伝えます。




e0361899_16551454.png



4月2日の桜です。
もう、桜の季節も終わろうとしているけれど。


小さな楽しみも大きな楽しみも同じくらい大切。
いろんな楽しみがあるとそこで出会う人たちもいろいろで、
きっと10年前の自分ならその素晴らしさに気が付かなかったと思う。
自分のことだけしか考えていなかったり、暗い暗い気持ちでいると、
同じような人としか出会わない。今、友人知人に恵まれているのは、
自分が以前よりも成長したからなのかなあと思う。




e0361899_10013027.png


「明珠在掌」






[PR]
by Licorice923 | 2017-04-10 17:04 | la note

この葉は森に

4月から新しい書道教室へ通うことになって今日が1回目。
先々月に見学をさせていただいていましたが、基本、人見知りなので
どう振る舞ったらよいものか頭で考えてしまう。
でも、そんな心配は無用でした。

だって書道を習いにきているわけで、それ以上でもそれ以下でもないのよ。

習い事の教室選びは何度も失敗したし、失敗した方が断然多いのだけど、
自分に合うところが見つかったら過去のことはどうでもよくなります。
今は自分のやりたいことが楽しくできているかということが重要なので。
苦手なことより好きなことを磨いていく。自分に優しくしないと
人にも優しくできないし。それにあれもこれもとも思わなくなりました。
時は金なり。昔から忙しい忙しいと口にするのはカッコわるいなあーって
思っていたので、今はとにかく目の前の自分のやるべきことをたんたんと
こなしていこうと思っています。

書道教室の皆さんはいい人たちばかりだった。
いろんな世代の方がいらして、どうやら私が最年少みたいなんだけど
いろんな方がいるというのはとてもいいことだと思う。穏やかなのは
きっと生活に余裕があるのですよね。ただ、今日も話したのだけど
何も問題のないおうちなんてないんです。みんな言わないだけで。

今日、話をした方は大阪の方で、こちらに住んでいる関西出身の
女の人(男の人はわかんないけど)は言葉からはほんとわからない。
ふとしたイントネーションで気が付く。最近、大阪の友達ができて、
太極拳でお世話になったUさんも大阪の方だったのですが、みんな
共通してとっても優しい。Uさんはわんさんの介護をずーっとされていて、
自分も玄関でわんさんと一緒に寝ていた人で、雨の日のバス停で私の父の話を
ずーっと聞いていてくれた。(そしてその後、なぜか鼻血を出していた)。

優しくしてもらったら今度は自分が優しくしないと。
(たしか砂とアイリスにそんな台詞ありましたね)




e0361899_00141690.png


ねこはとっても性格がいいと思う。
まっすぐで駆け引きなんてしない。実直で困難から逃げたりしない。




e0361899_00142002.png


きれいなお花。
フクちゃんへ。






[PR]
by Licorice923 | 2017-04-06 23:57 | la note

ふう散歩 2017 早春

じゅん散歩に憧れて勝手に視聴率の取れなさそうな
ふう散歩をしています。本日は写真でちょいとその記録を。



e0361899_10012534.png



3月の最終週。
まずは人形町からスタート。
こちらのお店は映画「3月のライオン」の三月堂のモデルになった壽堂。




e0361899_10012273.png



人形町といえば玉ひで。
並んでまで食べたいものはないワタクシですが、
この日は並びました。前日と打って変わってお天気がよかったのです。




e0361899_10011988.png


それから歩いて小網神社へ。
ゲッターズさんオススメの素晴らしい神社。
突き抜ける風の心地よさ。ビルの谷間にガオーッ。




e0361899_10011732.png


御朱印もいただきました。
弁財天さまにバレエと書道など、芸事のお願いをいたしました。
神社の方に「財にもいいのよ〜」とニッコリしていただきました。


予定と違うところで?たい焼きを買って歩きながら食べて
地下鉄、JRと乗り継いで西日暮里へ。




e0361899_10010476.png


まずは谷中霊園へ。
徳川慶喜公の碑です。
じゅんちゃんもここに立ってなんか言ってた。


谷中銀座を抜けて谷中珈琲を買って、
上野桜木へ。



e0361899_10011548.png



カヤバベーカリーで買ったパンを持ち込んで食べることもできます。
ここでもカバヤと発音してましたねー(教えてくれてありがとう)。
桜木と止めることができず桜木町と言ってましたねー(横浜だから)。




e0361899_10011110.png


千駄木へ行く途中のD坂の乱歩。
今度は入ってみたいです。

そしていせ辰、よさそうな銭湯、お煎餅屋さんを眺めながら
帰宅しました。




e0361899_10011334.png


おみやげは、やなかしっぽやの焼きドーナツ とら。


禅語は書いてみたいなあと思ったのと、このときなんだかとっても
イライラしていたんです。何かに囚われすぎてる。気持ちを一度
ニュートラルにしようと思って。

ふう散歩「将棋会館篇」も、続きます。





* 今年の春はキリンジの“愛のCoda”を繰り返してます。
もともと私も心酔している曲で、もう、どこを切り取っても
完璧だなあと思って。光のプリズムみたい。
今、特に沁みているのがここ。


帰りのチケットを破る意気地も
愛に生きる勇気もない
不様な塗り絵のような人生が
花びらに染まっていたあの夏
今はただ春をやり過ごすだけさ
地の果てで






[PR]
by Licorice923 | 2017-04-05 10:24 | la note

四月になれば

三月は去っていく。
早かった。最終週の一週間は特に。
火曜日にじゅん散歩をマネした視聴率のとれないふう散歩を敢行!
(ってほどのことではないのですが)まずは人形町の玉ひで、
そして小網神社に詣でて地下鉄、JRと乗り継いで西日暮里へ。
谷中霊園、谷中銀座、乱歩のD坂、そして上野桜木と歩いて
カヤバベーカリーで夕食&朝食用のパンを買って帰宅。
思いがけないご相席での出会いもあって、ほんとに出かけてよかった。
家にいたら始まらないこともあるんだなあと。

木曜日は初めての将棋会館。
20代前半の先生は実践形式でひとりひとり(この日は12人)を
くるくる椅子を回しながら指していく。
そんな状態なのに「そこ、さっきと違う位置ですよ」と 迷子になった
友人の金を指摘してる。 全ての盤を記憶している。

飛車で攻めたいわては同じ駒の動きをする先生に
ん?なんか変?と思って、自陣に戻って銀を動かすと

「冷静ですね」と 言われる。

罠だったんです。あのままだったら
わての大事な飛車が危なかった。
将棋は相当な心理戦のところもありますね。
10枚落ちだけど最後は必ず先生が
「負けました」と 言ってくださいます。



さて、4月はバレエです。
先週の金曜日に先生から「左が落ちてる」と
「なんで下がるの?鏡見て!自分でわからないの?」と 強めに言われる。
レッスンの後もわざわざ追いかけてくれて
「ちゃんと直してきて!」と 言われる。
バレエ仲間のOさんにも「いつもまっすぐな肩が今日は左側が
下がっていたよ」と 言われたのですが、自分ではよくわからなかったんです。
それから帰りの電車の中でもずーっと考えて、ずーっとずーっと
下がってしまう理由を考えていたのですが、あんなに真剣に注意して
もらったのによくわからない。うまくできない自分に腹が立って
家で泣いてしまった。そこで思い出したのが、
別の曜日にものすごくキツイ言い方の先生がいらして、特に姿勢について
とことん厳しいらしい。翌日、思い切ってその先生のレッスンに行ってきました。
そのクラスには以前、一緒に習っていた友人がいるのでいろいろ聞くと、
かなり辛辣だよとのこと。ただ、友人は見違えるように姿勢がよくなってた。

そしてレッスンが始まってわかりました。
ごめんなさい、触るわね と 生まれて初めてお尻をムギュっと
つかまれて、もう片方の手でお腹を押さえられて
もっと体を引き上げて!と 言われる。
それが目からウロコの発見で、誰かが「膝が崩れ落ちてるから」、
「あなたは膝のことだけ考えて生きて、他のことまでしなくていい」と
言われていると改めて膝の確認ができたり、とにかくすごいことを
おっしゃるものすごい美人の先生だった。

他にも「おっぱいが4つあるの?」(=なんでお腹を出してるの?)
「オムツしてるの?」(=お尻が出っ張っている)などなど先生の
独特の語録があるそうで、たまにこの先生のレッスンを受けるのは
すごく勉強になると思った。もともとバレエの先生はキツイし、
それだけのものを持っていらっしゃるので私は尊敬しかないです。
それに昔からの友達とか親しい人は、私が負けず嫌いなのを
知っていると思うけど。


この間、友人と話しをしたのですが、
このままの気持ちのままで、あと10歳若かったらね。。と。
欲を言えば15歳若かったら、と思う。そうしたら
もっともっとバレエをしたかった。打ち込みたかったな。
タイミングというか、そのことを思うと胸がいつも痛くなる。






[PR]
by Licorice923 | 2017-04-03 16:26 | le ballet

こりすノート
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30