カテゴリ:die Philosophie( 8 )

理系

啓発本の類いは読まないです。
人の意見にまんまと乗ってしまうほど
やわなハートではないから。
でも、理系の先生のお話はいつも興味深い。
お人柄もチャーミングな方が多いし、
すごい人ほどお茶目でかわいい。ただ、
理系といってもばけがくは私は無理だなあと思う。
実験がダメなんです。うっかりが許されないし。
なのできっと理論物理学とか選択すると思います。
実験を横目で見ながら頭の中でもんもんと考えるような。

最近は佐治晴夫先生のエッセイがおもしろくて、
人は3世代でほとんど記憶が途切れるように設計されているという。
それは個体としてよりも種としての存続が優先されるから。
確かにおじいちゃんおばあちゃん以前の記憶は写真だけ。

そんなふうに、宇宙を観るように人生を考えたら、
自分が今やるべきことがわかってくる。
だってだってあまりにもあっというまの人生で、結果的に
誰の心にも残らないし忘れられてしまう存在。
ならば今、無理したり自分を偽ったりするのって
もったいないかもしれない...と 思いましたのも、
今日、渋谷のスクランブル交差点を上から見下ろして、
こんなに人がいて同じ時代に生きているのに
歩いている誰のことも自分は知らない。別の惑星を見ているよう。
つまりそんな世界の中で、出会うということは実は奇跡?
その確率は・・・わからないけど、すごいことなんだー。



まずはここから。
枷(かせ)があるのも悪いことばかりではないと
思います。ときどき。






[PR]
by Licorice923 | 2017-07-07 00:22 | die Philosophie

言語ゲーム

アリアドネの弾丸が終わってしまいました。
始まったと思ったらあっという間に。
バチスタシリーズの中ではいちばんおもしろかったなあ。

先日、初めて哲学のことについて質問をされたんです。
「どういった哲学を専攻されるんですか?」と。
7月までには時代やテーマを決めて論文の申請をしないと
いけないのですが、現段階ではなんとなくまだぼんやりしていて。
でも、聞かれたときに思わず口から出たのは

「分析哲学です」。

自分でもびっくりした。
そうか、わたし、分析哲学に興味があったのか。

それから家に帰ってウィトゲンシュタインについて調べたり、
「言語ゲーム」という言葉に興味を持ったり。

意外と人って、不意打ちで質問されたときに
思わず発した言葉が本当の自分の気持ちかもしれない、と思いました。

例えば「好きな人は誰ですか?」と 尋ねられたとき、
まず、思い浮かんだ人がそうなんじゃないかと。
それを打ち消すのも野暮だと思うし。


私は哲学の論文を書くことと、70歳までバレエを続けるという
人生最後にして最大の目標があって、そのためにはやることは決まってます。
本に関してはしばらくは専門書を中心に読みたいのでベストセラーは
読めないかな。バレエを続けるためにはウェイトコントロールを
しないといけないので好きなものは食べられない。

ただ、自分が好きでやっていることなので。
シングルタスク脳だし、食にそれほど興味がないし。
相手があって成り立つことではないので。自分の裁量でなんとでもなることだから。

ブレないねー、と 言われることもあるのですが、
いろんなことをあきらめたりやめたりしてたどり着いた境地なので
他に行きようがないというか。それにブレないのが絶対いいとも思わない。
ブレてブレて一本の道にたどり着いた人もいるし、みんながみんな
同じ方向を向いていると、隙き間を狙うわたしなどは困ってしまいます。

あとは友達と連れ立って遊んだり出かけたり、家では猫とゴロゴロしたり。
胸に野望を秘めつつも、表面上は穏やかに過していければいいなあー と思います。




e0361899_00544258.png



今朝の隙き間時間の読書。







[PR]
by Licorice923 | 2017-03-25 00:59 | die Philosophie

デカルト

来年度の単位登録申請を済ませました。
ドイツ観念論、イギリス経験論(言語哲学)とドイツ語。
時代は1600年初頭から1800年頃まで。
ざっくり言うと関ヶ原の戦いから伊能忠敬が蝦夷地を測量する間。
ヨーロッパではイギリスの王政復古、フランスのルイ十四世の親政が始まって、
マリーアントワネットのお菓子を食べたらいいんじゃなーい?があって、
1789年にフランス革命が起こって、ナポレオンが皇帝に即位(1804年)
する間の哲学です。こちらの方がわかりやすいか。


恋愛相談、続いてます。
ほんとにいいこなので(いつもありがとうを欠かさない)、こちらも
熱血指導?に。彼女に対して「それだけはやめなさい」って言っているのは
ネットにあふれるネガティヴ情報を常に検索、盲信することです。
これがよくわからない。なぜ、参考にもならないような他人の雑言で、
自分の考え方を変えなくてはならないのかと。それは人間だもの、
ナマモノだもの、自信がなくなることだってあります。ワタシだって。
でも、人の人生は生きられないのだから。自分の人生を歩んで行くしか
ないのよー。私は発言なんとか系はいっさい見ないんです。時間が
ないから。そして目が疲れるから。年をとってくるとこの2点が大きい。
なので、現代を生きる人間として欠けている部分は多々ありますが、
それを補うものを大切にしていきたいから全然気にならない、というか、
ならなくなりました。あははー。
だいたい、疑問があるなら当人にぶつければいいと思う。それもできない
くらいに遠慮しているような関係ならこの先もうまくいかないのでは・・・?
ここはちょっと言えなかったけど。むしろ、うるへー、おまえなんかに
そんなこと言われたくない!って仁王立ちするくらいに自分の気持ちを
強く持って解決していくのがいいのかな。いつまでもエールを送るから。



はい。

今日は齋藤先生の新書を読んでます。


デカルト的思考法は
「盲信しないで確認する」のが当たり前。
検証の手続きを踏むこと。

考えることを省いてはいけないんだと思います。

デカルトの言葉で有名なのは、
「コギト・エルゴ・スム」(ラテン語)、

エレガントに和訳すると
「我思う、ゆえに我あり」

です。






[PR]
by Licorice923 | 2017-02-21 15:49 | die Philosophie

デカルトの辺り

このところ横になるとすぐに眠ってしまう。
いくらでも寝ていられる気がするのだけど。
きっと脳も体も休息を求めているんだなあと思って
休めるときはあまり何も考えずにゴロゴロしたり
しています。




e0361899_15384464.png


去年の秋に図書館で予約した本がきました。
なめ本も。
齋藤先生の本は読みやすくていいです。
デカルトの辺りまで読みました。


今月は哲学の試験が続くのですが、
好きでやっているので苦にならない。苦になるほど
追い込まれていないともいえる。いつも勝手に余裕をまとわせてます。
でも、何か勉強しておくことはいいと思うんです。
将来役に立つとか、お金になるとか、そういうんじゃないの。
お茶とかお酒の席で話のネタになればいいんじゃないかって。
そんな軽いスタンスでも、してるのとしてこなかったのでは雲泥の差、
かもしれない。


次は枕草子を読みたいです。
小学生向けの。
先日、枕草子関連のテレビを観ておもしろいなあと思ったので。
清少納言は枕草子に悲しいことは一切書かなかったそうです。
その理由は2つ。

1つは定子の名誉のため。
もう1つは清少納言のサバイバル戦術。
道長全盛の時代に枕草子を後世に残すため、であると。



大学の先生の話の展開は好きです。
例えばレポートの最後に

「その後の西洋思想を貫いていく
科学的・哲学的思索の土台になっていくのである」

と カッコ付けて結んだりすると

「実際にどのようなつながりが見出されるか
さらに考えてみるといいでしょう」

と 発展的課題を与えられるわけです。
その辺りが。






[PR]
by Licorice923 | 2017-01-16 15:59 | die Philosophie

気分としてわかってる

昨日の早朝、たまたま見た若い美男美女の
新婚旅行=南の島の画像に急に息苦しくなった。
そんな感情はもう自分にはないかと思っていたのですが、
そうではなかったんですね。そしたら涙がぶわーーっと
溢れてきてそのときに、あれっ?今、血管切れた??
思ったとおり、左目の結膜下が出血してました。
前回と比べると少ないのですが、わかるんです、
脳の中でぶちっと音がするというか。
細い細い血管が嗚咽で切れた。つまり、

悲しみ、苦しみ、妬みという負の感情が
大きくなりすぎると、健康を害するんですね。
人によってはそれが心に出たり体に出たり。
私の場合は目と歯に出るんです。弱い部分だから。

すぐに正気に戻って炎症を押さえる目薬をさして
それからあずきの力で目を温めたら、どうだ、
出血がひいていく。勝ったわ!!ほんとに
元気でいれば何でもできるってやつなんだなあー。
(前回は大泣きしたから1週間かかりましたが
今回は半日でよくなりました。ふふっ)。




まんがで学ぶ 哲学入門

三井 貴之(監修),古川 日向(イラスト)/宝島社

undefined


まあいいかと読んでみたのですが、面白かったです。
意外と深いところもあって。

『「ヒト」としての人間はいつも「不安」なのですが、
それはいつか必ず死ぬことを気分としてわかっているからです』


なるほど、それなら不安になるのも仕方ないこと。
自分のことをいたわってあげよう。


逆に、急に生きる気力がわいてくることもあるんです。
それは憶えていてくれたこと。
スピッツの「醒めない」って歌の冒頭、

『覚えていてくれたのかい?
 嬉しくて上ばっか見ちゃうよ
 やけに単純だけど
 繊細な生き物・・・』

だれかの記憶に残っていたり、
心配をしてもらったり、
そんなことで、そんなことだけで、
強く生きていける。


そしてそれはきちんと伝えないといけないこと。






[PR]
by Licorice923 | 2016-11-30 13:46 | die Philosophie

ヨーロッパ思想入門

この本を読んでいます。


ヨーロッパ思想入門 (岩波ジュニア新書)

岩田 靖夫/岩波書店

undefined


歴史と一緒に思想も知ることができるから、
哲学はおもしろいなあって思います。

岩波ジュニア新書はいい。
今日はこれから猫と夕寝。






[PR]
by Licorice923 | 2016-11-26 18:11 | die Philosophie

みたらし団子

午前中に今期の哲学の課題が完成。
ミトレスのタレスについての考察で、
古代ギリシアではギリシア神話によって
この世界のことがすべて説明されたいた。
んなわけないじゃん、って自分たちで
この世界を説明しようとしたことが
哲学の誕生につながっていく。
その最初の哲学者と言われているのが
ミトレスのタレスです。

紀元前580年頃に活躍したタレスは
自然を熱心に観察して理性で物事を解明
しようとしました。皆既日食を予言した人で
夜の星を眺め続けてドブに落ちた人。
おっちょこちょいなのかな。


課題を完了したら急にヒマヒマ星人になって
しまい、午後から何しようかな、とか
何食べようかな、ってそればかり。
結果、「二重生活」を観ながらみたらし団子を
食べました。スーパーとかで売ってるお醤油だれの。
好きなんです。






[PR]
by Licorice923 | 2016-11-26 16:20 | die Philosophie

横浜は濃い霧の朝だった。
スワイショウ108回、深呼吸。




最近、哲学関連書をコンビニで見かけるのですが、まさかブーム到来!?
んなわけないか....


今日イチ美味しかったのは、
富士そばのコロッケそばです。






[PR]
by Licorice923 | 2016-11-20 22:46 | die Philosophie

こりすノート
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31