紙一重

一昨日は思考が落下方向へ。
おそらく自分の願いは叶わない、無駄な抵抗は
やめた方がいい、届くはずがないんだから と うなだれて
そのままドタッと床に倒れ込んで天井を見上げていました。
ティファールのポットも沸騰し続けたままスイッチが
切れなくなってるんだよなあ(炊飯器に続いて壊れたらしい)、
もう、いやや・・・消えてしまい・・・

すると、スマートフォンからメールの着信音が。
むくりと起き上がってみると

将棋友から「将棋会館のセミナー予約、同じ日に取りましたよ!」
ライブ友から「7月のサンデー会、どうします〜??」
旧友から「また、カフェで語ろうよーん」

気が付くと、せっせと予定を調べてメールしてました。

そう、普通の、普通の日常がこんなときは救いなんですね。
猫友のブログ、インスタの柴犬さんやパンダさん、
布団が吹っ飛んだ的なギャグですら愛しく思える。
倒れそうになると「大丈夫?」よりも(私は「全然、大丈夫!」って
言ってしまうので)、どこ吹く風の言葉で元気になれる。ほんとに
ほんのちょっとしたことなんですけど、それが絶妙のタイミングで
入ってくると、やっぱり人生っておもしろいなあーって思ったりします。

油断すると簡単に暗黒面に落ちてしまうから。そんな年頃だから。
でも、もし土手から転げ落ちたとしても、中世の受領のように
きのこをつかんでよじ登ってくるファイトを忘れないようにしたいです。
基本、負けず嫌いなんです、それもくだらないことに。
ハム将棋では連戦連敗なんですけども。


今月の月イチ映画の会は「3月のライオン」に決めているのですが、
なんと「言の葉の庭」が下北沢トリウッドで上映されるという吉報が!
ハマったタイミングで映画館で観ることができるという素晴らしいご縁。
どの曜日のどの時間帯にしようかな・・・などと考えていると
それまでのどんよりとした感情が押しのけられて行く。

それに何より猫がそばにいてくれるんだもの。




新宿御苑にも行ってみよう。
雨の日だったらいいかもしれないなあ。


行き詰まったら目の前のことをちょっと横に置いておいて、
別のことに集中する。そこでわかることもあると思う。
それから体を動かす。バレエに行く。とにかく外に出る。
レトロ珈琲チェーンで文庫本やマンガ本を読むだけでも
リフレッシュできるから。


*応急処置としては、温かいミルクココアをいれました。
そしてうちのふわふわさんと抱きしめました。
あー、苦しかった。






[PR]
by Licorice923 | 2017-03-14 18:24 | la note

こりすノート
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30